行政書士の年収についてなど、士業務の中でも比較的簡単に取得できる行政書士に人気が高まっています。行政書士の資格取得方法や求人情報などをまとめました

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
行政書士の収入は二極化が進んでいるようです。従来の行政書士の仕事は、管公署に提出する書類作成、手続き代行がメインでしたが、法改正により法律相談業務も行います。

その扱う分野は幅広く、建設・不動産関連の許認可申請や外国人の帰化申請をはじめ、相続、企業の法務と多岐にわたります。

逆にいえば、行政書士と言えばこれ!という明確な独占業務はなく、業務が多岐にわたるため、個人の力量がそのまま収入に反映されるのです。

そのため、行政書士の収入分布には士業特有のボリュームゾーンがなく、収入にかなりのばらつきが見られます。
近年では、年収1,000万円以上の行政書士と300万未満の行政書士というはっきりとした二極化傾向にあります。

現在一般的になりつつある説は、この差は、インターネット知識の差であるという説です。
現代は情報化社会です。士業に相談する人は、できるだけこっそり先生に会いたいのです。

そのため、まず最初はネットで先生を検索します。そこで「専門性が高そうだ」「信頼できそうだ」と思ってもらえるようになると有益な仕事が多く入ってくるようになるかもしれません。

スポンサードリンク


Copyright © 行政書士求人.INFO All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。